白ノ葉のライフプランニング

定年前後のライフプランニングと終活について思いを綴ります

あなたに影響するNISA制度の見直し・延長、令和2年度税制改正

NISA(小額投資非課税)制度の見直し・延長が令和2年度税制改正でありました。この変更は、個人の投資方法に影響を与えますので、その内容について説明します。

新興国関連を買う、投資信託3年間の成績から考えた今年の結論

インデックス型投資信託による過去3年間の損益結果をまとめてみました。これを見ると、次のねらい目は「新興国」関係になりましたので、その理由を説明します。

お食事セットの注文・変更・キャンセル方法、オイシックスの場合

美味しいお食事キットを定期的に宅配してくれるOisixのサービスを始めてから、2週間が経ちました。Oisixのサイトにも慣れてきましたので具体的な注文、変更、キャンセル方法などを説明します。

Rebatesで楽天もアフィリエイター、楽天アフィリエイトとは異なる切り口

楽天自身がアフィリエイターのようになり、広告主から得られた成果報酬の一部を利用者に還元する楽天Rebatesをご存じですか。楽天が広告主兼ASPとなる楽天アフィリエイトとは異なります。楽天市場に出店していないストアでも高還元率の楽天スーパーポイント…

認知症発症時の事前対策、家族信託と任意後見のメリット・デメリット

認知症が発症した場合は、銀行口座凍結されたり、不動産の処分や保険の解約返戻金手続き等できなくなり、家族が介護施設や医療費等に使う事ができなくなります。この対策として、家族信託や任意後見がありますので、この両者の違いを交えて説明します。

ひとり親の控除の新設と寡婦寡夫控除、平成2年度税制改正

未婚のひとり親や寡婦(寡夫)控除の見直しが令和2年度制改正でありました。ひとり親でも35万円控除できますが、所得制限ができ、従来の寡婦控除から厳しくなったのかもしれません。これについて説明します。

あなたも影響?10月からたばこ増税そして高配当株式保有は

たばこ税の増税が2020年10月と2021年10月に予定されています。JT株式は高配当が魅力ですが、株価が低迷しており、この増税がさらに水を差すかもしれません。JT株式の購入可否について考えてみます。

親の証券口座は大丈夫?凍結されないための家族信託サービスの活用

認知症になると銀行口座だけではなく、証券口座も凍結されます。そうなるとその口座で保有する株式等の取引ができなくなりますので、介護費用を工面できなくなる恐れがあります。楽天証券に、この対策の一つとなる家族信託サービスがありましたので、その概…

平成2年度税制改正で65歳前の在職老齢年金が少し増えます

2020年5月に年金改正の法律が成立し、65歳前の在職老齢年金の支給調整額が28万円から47万円になりました。対象者はもらえる年金が増えることになります。同時に改定された年金に係る内容を含めて簡単に説明します。

マイナポイント25%還元の申込方法、意外と簡単

5%還元される「キャッシュレス・ポイント還元事業」 が2020年6月30日に終了し、次は25%が還元されるマイナポイント制度が始まります。この具体的な方法を説明します。