白ノ葉のライフプランニング

定年前後のライフプランニングと終活について思いを綴ります

終活

定年後の安心できる生活を送り、その時を迎え際に家族に感謝されるために事前に何をなすべきかをまとめています。

住民票を移すと高額介護費が軽減される、その理由

介護施設として人気の高い特養ですが、それでも毎月の出費はバカにできません。公的な支援策として、介護施設の負担上限、高額介護サービス費、高額医療・高額介護合算療養費などがあり、さらに住民票を移すことで負担軽減を図ることができますので、これら…

認知症発症時の事前対策、家族信託と任意後見のメリット・デメリット

認知症が発症した場合は、銀行口座凍結されたり、不動産の処分や保険の解約返戻金手続き等できなくなり、家族が介護施設や医療費等に使う事ができなくなります。この対策として、家族信託や任意後見がありますので、この両者の違いを交えて説明します。

親の証券口座は大丈夫?凍結されないための家族信託サービスの活用

認知症になると銀行口座だけではなく、証券口座も凍結されます。そうなるとその口座で保有する株式等の取引ができなくなりますので、介護費用を工面できなくなる恐れがあります。楽天証券に、この対策の一つとなる家族信託サービスがありましたので、その概…

バッグ、時計、服などのネット買取サービス

どうしても物が溜まります。特に新型コロナウィルスの影響で、家にいることが多くなると、通販サイトでついつい物を購入してしまいます。マスクや消毒関係のものは特にです。断捨離に心がけ、いつも身ぎれいにしておきたいものです。気軽にできるネット買取…

遺品整理・生前整理のすすめ

身近な方や自分が逝ってしまった時に、家の中の整理・処置はどうしたらよいのでしょうか。万一のこともありますので、遺品整理や生前整理について調べてみました。

退職金の相場とお得な受け取り方の考え方

退職金は会社勤めの方にとって、定年後の生活に欠かせないものです。これからの人生設計のために、退職金の相場と受け取り方の考え方を説明します。

公的年金と企業年金の遺族年金について

万が一の時、自営業の方は国民年金に、会社員では厚生年金に入っていれば、遺族年金が受け取れます。また、会社によっては、企業年金があります。最後に頼れる遺族年金について説明します。

生命保険・損害保険・健康保険、本当に助かる保険

万が一の時の遺族年金と共にお金の面で助かるのが保険です。いざという時のための、生命保険、損害保険、健康保険の知っておくべき事について説明します。

お墓が無い、いくらかかる

お墓がありません。私は地方出身者、奥さんは長子でないので入るところがありません。そこで、近隣を調べてみましたので、その結果を説明します。

ご仏壇ありますか、ない方必見の事前準備のすすめ

皆さん、ご仏壇などはお持ちでしょうか。家での供養には、どのようなものが必要なのかを調べてみました。

自分のお葬式を自分で準備するためには

急にお葬式を頼むと結構高かったという話をよく聞きます。お葬式はセレモニーホール等が運営する冠婚葬祭互助会の積立方式、前払い方式、会員方式等いろいろあります。前もって考えておくのは、残された家族にとって大切なことですので、簡単に紹介します。

意外と身近な公証人とは

公証人とか公証役場は、あまりなじみがありませんが、贈与、相続、信託等の手続関係を調べると、よくこの名称で出てきます。知らないというだけで以外と身近な存在である公証人等を調べましたので、紹介します。

自宅の評価方法(相続における自宅の価値)

相続の財産における自宅の占める割合は比較的高いですので、事前に自宅を評価することは大変重要です。預貯金や証券等は価値が分かり易いですが、土地・家屋の評価が良くわからないと思いますので、土地・家屋の基本的な評価方法について説明します。

自分の寿命予測と準備すべきこと

平均余命から自分の寿命を予測し、終える時の5年以上前までに準備すべきことをまとめてみました。残された家族に迷惑をかける事の無いように早めに準備しましょう。

老後資産を守る対策の一つ、成年後見制度の概要

誰でも高齢化が進み、判断能力が落ちていくと、いろいろなトラブルに巻き込まれる可能性が出てきます。その対策の一つとして、成年後見制度がありますので、この成年後見制度について概要を説明します。

老後資金を守る信託の活用

認知症になると本人の銀行口座は凍結されて引き出すことができなくなりますので、残された家族にもお金の面で大変苦労をさせることになります。この対策として、信託を活用する方法があります。

相続税の計算方法

相続税を考える場合は、自分が亡くなったと時の1次相続だけではなく、次の2次相続の事も考えた方が良いです。相続税の計算方法をまとめてみました。

相続に備える保険と信託について

亡くなると自分名義の口座等が凍結されて、奥さんや子供たち家族が葬式費用や当面の生活費に困ることになります。このため、生命保険や信託銀行の相続型信託の活用を考えておくと良いです。これらは比較的早くお金が下りてきますので、当面のお金の心配がな…

配偶者の相続に間接的に関連するもの

2020年4月1日から相続関係の法律が改正されますが、実は2019年7月1日から施行されている改正があります。この時の改正であり、配偶者等への相続においても知っておいた方が良いと思われる「預貯金の払戻し制度の創出」と「特別寄与料制度の創設」について説…

夫婦間の自宅贈与の優遇措置について

街の本屋さんに立ち寄った際に荻原博子さんの「最強の相続」を見つけて、衝動的に買ってしまいました。2020年4月1日から施行される旬な話題ですので、私もいくつか説明してみます。

相続関係の本と配偶者居住権等の紹介

荻原博子さん執筆の「最強の相続」の紹介と2020年4月から改正され創出された「配偶者居住権」及び「配偶者短期居住権」を紹介しています。