白ノ葉のライフプランニング

定年前後のライフプランニングと終活について思いを綴ります

資産運用

安全・安心に資産を守り、運用するための種類・地域・時間分散について、投資信託、株式投資、外国株式投資、金投資等を題材に考え方を発信しています。

アフターコロナのインフレが怖い、ゴールド購入の投資信託と海外ETFの比較を交えて

新型コロナウィルスでダメージを受けた経済立て直しのため、世界的にお金がばらまかれていますので、インフレになる可能性が高いと思います。インフレになると現金や金利に低い預貯金は実価値が減少しますので、資産防衛のために現金・預貯金以外の資産で保…

手数料無料ETFと投資信託の比較、結局は、、、

ETFの一部手数料無料化に伴い、従来のインデックス型投資信託の購入判断が分からなくなってきましたので、日経平均指数に連動する投資商品で比較して見ました。結局は、手間を考えると従来どおりの投資信託で良いと思いますので、理由を説明します。

やはりすごいiDeCoで非課税と複利効果で200万円アップ、そして令和2年度税制改正

iDeCoは、所得控除や分配金等の非課税があり、20年間でみると複利効果と合わせて200万円以上増える事も可能性大です。個人の財産形成には力強い味方ですので、事例でその効果を説明します。また、令和2年度税制改正の関連する部分についても説明します。

あなたに影響するNISA制度の見直し・延長、令和2年度税制改正

NISA(小額投資非課税)制度の見直し・延長が令和2年度税制改正でありました。この変更は、個人の投資方法に影響を与えますので、その内容について説明します。

新興国関連を買う、投資信託3年間の成績から考えた今年の結論

インデックス型投資信託による過去3年間の損益結果をまとめてみました。これを見ると、次のねらい目は「新興国」関係になりましたので、その理由を説明します。

あなたも影響?10月からたばこ増税そして高配当株式保有は

たばこ税の増税が2020年10月と2021年10月に予定されています。JT株式は高配当が魅力ですが、株価が低迷しており、この増税がさらに水を差すかもしれません。JT株式の購入可否について考えてみます。

米国ETFを比較してみました、米国単独か全体か

お題「#おうち時間」 ゲーム感覚で株式投資をしています。でもドタバタ売買ではなく、長く一生に渡るゲームです。今回は、米国ETFの、S&P500、米国株式全体、世界株式全体に対応するもので考えてみました。

日本株式の上昇トレンドが始まったのか、その理由

お題「#おうち時間」米国株式と比較して、弱い動きの日経平均株価が、昨日、節目である21,200円を超えてきました。上昇トレンドに乗ってきたのかを考えてみます。

金価格上昇の理由を考えてみました、あなたも金投資始めますか

日本では、最近、金価格が最高値更新されましたが、海外のドル建てではまだ最高値に届いていません。金価格の特長を基にその理由と今後の金投資について考えてみました。

あなたの何が変わった、アフターコロナの投資戦略2020

新型コロナウィルスの第1波が終息しつつありますが、大切なお金を守るため次に何をしなければならないかを、私たちの生活変化を洗い出して考えてみたいと思います。

おすすめの米国株を調べる方法

安定した資産運用を行うために米国株式への投資は必須です。アップルやアマゾンなどは日本でも有名ですがあまり馴染みの無い米国株を調べるために役立つ書籍やサイトを紹介します。

老人は米ドル100円を待つ、その理由

定年後の保有資産を安定的に守るためには米国株式等の運用は必須です。そのためには円を米ドルに交換する必要がありますが、為替差損がなるべく無いように、その目安を考えてみました。

定年後に不労所得を40万円増やす具体的な方法

定年後の高齢者無職世帯では、年間平均40万円程度不足するという調査結果があります。このため、ある程度資産運用をしなければなりませんが、大切な老後のお金ですので、比較的安全な方法で工面する株式投資等の具体的な方法を考えてみました。

あなたの定年後40年間を守る方法

年金生活では、平均約54,000円/月不足します。お金の面では、奥さんの年齢も一緒に考えると定年後40年間は安心できなければなりません。この40年間を安心できる一案を紹介します。

アフターコロナをにらんだ日本株の動き

米国株に比べて戻りの遅かった日本株も、アフターコロナに向けて少し良い動きを見せるようになってきました。日経平均の値動きを見て考えたいと思います。

GPIFポートフォリオと同じような投資信託

公的年金を運用するGPIFのポートフォリオが見直されました。このポートフォリオと同様な投資信託についていくつか紹介します。

米国株式投資によるリスク分散の方法

2020年3月に新型コロナウィルス感染拡大を嫌気し日米株式を始めとする世界の資産の大暴落が発生しました。米国株式は、同年4月からは急激に回復している状況ですが、暫くは不安定な相場が予想されます。しかし、今後も米国株式を組み込むことは、リスク分散…

金は安全資産なのか

新型コロナウィルス感染拡大の中、金の上昇が続けています。金は実物資産として無価値になることが無いので、昔から一定割合持つべきだといわれています。金と資産の分散について考えてみたいと思います。

新型コロナウイルス対策について

新型コロナウィルスとは、少々長い付き合いになりそうです。この疫病 が私たちに与える影響と対処方法について、ざっと概観します。各々の少し詳細なところは、別の記事にまとめていきたいと思います。

バランス型投資信託で世界同時安に耐える

株式、債券等の世界同時安が新型コロナウイルスの影響で2020年3月に発生しました。しかし、アセットアロケーションと分散により、価値は比較的早く復活します。最近のチャートで確認します。

今こそ金の投資か

金は米ドルと一般的に逆相関の動きをします。新型コロナウィルスの影響が米国にも及び、為替相場は米ドルが相対的に高くなっており、米ドル建ての金は安くなってきています。日本円は金と一般的に順相関の動きをしますので、円換算の金価格は比較的穏やかな…

米国投資におけるFXの活用

新型コロナウィルスの拡散の勢いがなかなか収まらず、今日も世界的に株式市場や為替市場が大変な状況になっています。上がるものはいつかは下がる、その逆もしかりと達観し、次の事を考えたいものです。外国為替市場は、まだまだ不安定ですが円高の時こそF…

定年後の資産運用について

この1週間の株式市場、外国為替市場が凄いことになっています。昨日も米国ダウ工業30種が2,000ドル以上も下げていますし、日経平均も一時1万9,000円を切りました。また、外国為替相場も1ドル101円台になっていたり、今日は持ち直して104円です。このような時…