白ノ葉のライフプランニング

定年前後のライフプランニングと終活について思いを綴ります

今こそ金の投資か

金は米ドルと一般的に逆相関の動きをします。新型コロナウィルスの影響が米国にも及び、為替相場は米ドルが相対的に高くなっており、米ドル建ての金は安くなってきています。日本円は金と一般的に順相関の動きをしますので、円換算の金価格は比較的穏やかな動きをします。現状波乱の投資市場のなかで、少しは安心感のある金の投資商品について説明します。

金投資商品の概要

金投資商品の概要について、説明します。

現物

現物としては金のコインと金地金ですが、これらは、買と売で価格差があります。

コインは、金地金よりプレミアム価格が上乗せされているので売り買い共に高めですが、金地金より不利ということはありません。ただし、傷が付いていたりするとプレミアム分がなくなりますので保管には注意しましょう。

金地金の問題点は保管をどうするかです。自宅は不用心ですし、貴金属店や銀行に預けると保管料が必要になります。

純金積立

純金積立は手軽にできる方法です。田中貴金属の純金積立の例では、最低3,000円/月から積立が可能です。保管料は無料ですが引き出し手数料が必要で、積立額により1.5%~2.5%必要なの、少し高めです。

投資信託

金に投資する投資信託もあります。iシェアーズゴールドインデックスは、金現物市場を代表する指標に連動するインデックス型の投資信託です。ノーロードなので、株やETFのように売買手数料はありません。信託報酬率は0.5085%です。

日本ETF

日本市場に上場されているETF(Exchange Traded Fund:上場投資信託)では、SPDRゴールド・シェアがあり、円換算した「金地金価格(ロンドン金値決め)」との連動を目指すインデックス型のETFです。売買する場合は、株式同様に売買手数料が必要ですが、信託報酬率は0.4%です。ETFは一般的に投資信託より信託報酬率が低いです。

また、別の商品の「純金上場信託(現物国内保管型)」は、東京商品取引所金先物価格に連動しているインデックス型のETFです。「金の果実」の商品名で、1kgから金の現物に交換・取得することができ、現物が国内に保管されるなど特長があり、人気の高い商品です。信託報酬率は0.49%です。

海外ETF

iシェアーズゴールド・トラストETFは、米国 市場に上場している海外ETFで、金の現物に投資するインデックス型のETFです。信託報酬率は0.25%で、金に投資する投資信託ETFの中で、最も低い信託報酬率です。ただし、米ドルで購入しなけれなりませんので、外国為替取引の影響を受けます。

まとめ

一般に、金は利息を生みませんがどこの国でも通じる実体のある資産として、5%から10%程度投資配分をした方が良いと言われています。

私は、定年記念としてウイーンハーモニー金貨(コイン)を家族分と一緒に少し購入しました。また、堅実に少しずつ投資信託を毎月積立をしており、そしてお試しで米国ETFを購入しました。

みなさんもこの荒れた投機市場のなかで、金のコインでも考えてはいかがでしょうか。

---

ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村