白ノ葉のライフプランニング

定年前後のライフプランニングと終活について思いを綴ります

老後資金を守る信託の活用

認知症になると本人の銀行口座は凍結されて引き出すことができなくなりますので、残された家族にもお金の面で大変苦労をさせることになります。この対策として、信託を活用する方法があります。

信託について

信託とは、委託者(本人)が自分の財産を信頼できる受託者(信託銀行や個人など)に預け、委託者(本人)の意思に沿って、受託者が受益者(家族など)のために管理・運用する制度です。

この信託を活用することにより、本人の判断能力が落ちてきた場合や本人が亡くなった後でも相続がスムーズにいく場合があります。

ただし、信託対象の財産の移る時期により、贈与税の対象になりますので、注意しなければなりません。

民事信託

平成19年(2007年)の法律改正により、信託業の免許を持たない人でも、営利目的としないで、特定の人から1回だけの条件で信託を受託できるようになりました。これを民事信託といいます。

家族が信託を行うことを、一般社団法人家族信託普及協会の商標登録で「家族信託」と言いますのでこの言葉で知っている方も多いのではないでしょうか。

信託銀行の活用

ここでは、私が興味を持った三菱UFJ信託銀行の商品を2つ紹介します。

みらいのまもり

まず一つ目は解約制限付信託「みらいのまもり」です。認知症の症状は人それぞれですが、判断力の低下により、高額な商品を何度も買ってしまったり、詐欺にあったりすることがありますが、それらを防ぐ目的でできた商品です。

主な特徴は次のとおりです。

  • 原則本人だけでは中途解約できない。
    • 例外的に解約する場合は、受益者代理人(親族等)と銀行の確認が必要。
  • 使い道が次の2点の場合のみに限定されています。また、このお金は老人ホームや医療機関に直接振り込まれます。
    • 老人ホームの入居金
    • 10万円以上の医療費
  • 手数料は無料。
    • 元本保証で管理手数料無料です。
    • ただし、信託金額は1,000万円以上で、金銭信託で運用され、その運用収益の予定配当額から信託報酬額が差し引かれます。
  • 認知症等の情報を定期的に受けられます。

つかえて安心

もう一つは、代理出金機能付信託「つかえて安心」です。これは2019年3月から販売開始された比較的新しいもので、認知症になっても自分のお金は自分で使いたいという目的でできた商品です。

主な特徴は次のとおりです。

  • 本人が自由に引き出せる(スマートフォンからも)。
    • 他行口座でも可。
    • 振込手数料無料。
    • 20万円/月までの定額払い機能がある。
  • 代理人を指定できる。
    • 本人が認知症で口座凍結された場合でも、指定された代理人が引き出せる。
  • 見守り機能がついている。
    • 何に使ったかがすぐにわかる「みまもり機能」がついており、設定したメンバーに通知が届く。
    • 本人がスマートフォンをもっていなくとも構わない。
  • 手数料無料だが、以下の口座管理料(消費税別)が必要。
    • 設定・追加時:信託金額200万円~5,000万円で1.5% (5,000万円超で1%)。ただし最低報酬金額10万円~最高報酬金額15万円)
    • 信託設定後:480円/月

口座管理料が必要ですが、面白い商品です。今後も自分のお金を自分で使い続けたいという方には、良い商品だと思います。

なお、口座管理料の設定時の最低報酬金額は10万円ですが、これは信託金額だと約670万円預けた額になります。

さいごに

今回は、信託の概要と今注目している信託銀行の2点の商品を紹介しました。この中で、特に「つかえて安心」は魅力的な商品だと思いました。私は5年後以降に、他に良い商品がなければ、この「つかえて安心」を真剣に考えてみたいと思います。