白ノ葉のライフプランニング

定年前後のライフプランニングと終活について思いを綴ります

ご仏壇ありますか、ない方必見の事前準備のすすめ

皆さん、ご仏壇などはお持ちでしょうか。家での供養には、どのようなものが必要なのかを調べてみました。

 何が必要か

主に必要となるものをリストアップしてみました。価格は青天井なところもありますが、自分ならの感覚で書いてみました。

  • 仏壇
  • 仏像・掛け軸
  • 位牌
  • 骨壺
  • その他仏具セット

仏壇

小型のものから洋間にも合うモダンタイプのものなどがあります。ミニ仏壇タイプなら5万円~15万円ぐらいで見映えの良いものが購入できます。

仏像・掛け軸

仏様が宿るもので、このために仏壇が必要になります。一般的に仏像の方が高く、価格は、仏像で3万円~5万円、掛け軸で5千円~1万円ぐらいです。

位牌

葬式の時は、 葬儀会社が用意した白木の位牌を使用しますが、四十九日後は本位牌に換え、四十九日の忌明けを境としてお坊さんにお魂入れをしていただきます。
本位牌の価格は、1.5万円~3万円ぐらいです。

骨壺

葬儀会社に葬儀セットでお願いすると、標準的な骨壺がセットに含まれています。

手元供養などで自分で用意される場合の価格は、5千円~1万円前後です。

その他仏具セット

その他諸々で仏具セットとして販売されているのは、おりん(チリンと鳴らすやつです)、火立(ろうそく立て )、 香炉(線香立て)、仏飯器、茶湯器等が含まれています。
価格は、1万円~5万円ぐらいです。

なお、ろうそくや線香は上記の中には含まれていませんので、別途用意します。また、その他のイベントでは、数珠、盆提灯、手入れ備品等が必要になります。

他の供養スタイル

ここでは、関連する供養スタイルを2点紹介します。

手元供養

故人のお骨の一部を自宅へ持ち帰り供養するスタイルで、持ち帰ったお骨はペンダント・ミニ骨壺・指輪などに入れて供養します。

お墓は集合墓にして、お骨は手元供養するようなスタイルも良いかもしれません。

祖霊舎

いわゆる神棚で、神式で弔う方式です。仏壇は仏様をお祀りするもの、祖霊舎は祖先をお祀りするもの、さらに厳密にいえば、神棚は神様をお祀りするものです。
日本は神仏習合ですので、ほとんどの仏具店では神様、仏様の両方対応しています。

そろえるための費用

全体で、30万円~50万円ぐらいでしょうか。手元供養では、1万円前後で可能です。

さいごに

故人を弔うという事は、故人はもちろんですが、むしろ残された家族のメンタル面のケアのために考える必要があります。残された家族が後悔しないように、どのようなスタイルにするか決めてください。

私の場合は、10万円前後の小さな仏壇かなぁ~と今は思っています。

---

ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村