白ノ葉のライフプランニング

定年前後のライフプランニングと終活について思いを綴ります

お墓が無い、いくらかかる

お墓がありません。私は地方出身者、奥さんは長子でないので入るところがありません。そこで、近隣を調べてみましたので、その結果を説明します。

 

お墓を調べる

私の住んでいるところは、神奈川県ですので、この近隣でお墓を調べました。万が一の時の残された家族に迷惑をかけないためにも、考えておいた方が良いと思います。

お墓も一般的な霊園の区画を借りて墓石を建てるものや納骨堂、樹木葬など調べてみるといろいろあります。お墓を作らないという選択もあります。

概算の見積り

お墓の価格は、墓石の種類や地区により金額は上下しますが、お墓を用意する場合の概算見積りは次のとおりです。お寺の檀家に入るという選択肢もあるのですが、私と奥さんの実家の宗派が異なりますし、どちらも無宗派に近いので、檀家に入る選択は当初からありませんでした。このため、当初は納骨堂を第一候補だったのですが、大都市にしか無く、一般的な墓石タイプのものを目安に調べてみました。

結果は次のとおりで、計1,212,000円です。

  • 永代使用料  :400,000円
  • 管理費(年間): 12,000円
  • 墓石     :400,000円
  • 外柵工事   :400,000円

管理費は毎年必要ですが前払いが可能です。墓じまいまで何年お願いするかで決まります。また、お坊さんにお経をお願いする場合は、だいたい1回当り5万円程度だそうです。墓じまいする場合は、約200,000円です。

納骨堂の場合は

納骨堂の場合は、上記から墓石代が無くなる程度の金額みたいです。

考えなければならないこと

お墓を選ぶ上で考えなければならない事は次のとおりです。

  • お墓の種類(墓石タイプ、納骨堂、集合墓、樹木葬、散骨等)
  • 宗派の確認
  • お墓へのアクセス(遺族等参拝者のために)
  • お墓に要する費用の手当(事前に一括払い、相続者にお金を残す)
  • お墓の管理期限(5年~33年とか)と期限後の処置(例えば集合墓へ)

さいごに

生前にお墓を作るのは、「生前墓(寿陵)」と言って縁起が良いらしいのですが、あまり早く作ってもお墓が傷んでしまいますので、私は70か75歳ごろに作ろうかと考えています。

ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村