白ノ葉のライフプランニング

定年前後のライフプランニングと終活について思いを綴ります

新型コロナウィルス対策でついにテレワーク

f:id:sironoha:20200423193749j:plain

新型コロナウィルスの拡散がまだ止まりません。うちの会社もテレワークとなりましたが、必要なものとしては、インターネット環境、パソコン(PC)、メール環境、Web会議用のコミュニケーションツール等です。これらの環境を一例として紹介します。

テレワークとは

「テレワーク」とは「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語です。今は、やむを得ず始めた事とはいえ、ネットやPC環境が格段に進歩していますので、場所や時間にとらわれないでどこでも仕事をすることが可能になってきています。

テレワークに必要なもの

テレワークを行うためには、大きく次のような環境が必要になります。

  • インターネット環境
  • パソコン環境
  • 関連するソフトウェア・ツール

以下、これらについて我が家の環境を説明します。

インターネット環境

ISP(Internet Service Provider)

我が家のISPは、湘南ケーブルネットワーク(SCN-NET)を利用させていただいています。使用料は一番安いエコノミークラスで2,480円/月(税別)ですが、ヘビーユーザーではありませんので、ほとんどストレスを感じていません。

無線LAN

自宅内の通信は無線LANで、製品はバッファロー製です。セキュリティソフトと共に我が家では、パソコン3台、スマホ3台に配信しており、大活躍です。

パソコン環境

専用パソコン

私専用のパソコンはHP製のディスクトップタイプで、CPUはintel COREi5です。SSDメモリを256MB搭載しており、起動が早く快適です。モニタは別売りで同じくHPの24インチのものを購入しました。なんと約1万円です。昔とは隔世の感があります。

カメラとマイク

上記パソコンは、カメラ付でありませんので、今回のテレワークをキッカケに購入しました。しかし、今回の新型コロナウィルス騒動で私が購入したパソコン用カメラが品切れになっていましたので代わりのものを掲載します。カメラカバー付きです。

コミュニケーションツール

仕事はチームワークを行いますので、他のメンバーとのコミュニケーションはかかせません。コミュニケーションツールは次のとおりです。

Webメール

会社のISPが提供するWebメールを使っています。ただし、Webメールは、見づらいという他にメール内容を意識して残さなければなりませんので、バックアップをとっています。

電子会議システムZOOM

一般に電子会議システムでは、「Skype」が有名ですが、無料版では参加者数10名までと制限がありますので、このため暫定的に使用しているのは「ZOOM」というツールです。

HPの更新(WordPress

会社のHPは、CMS(Contents Management System)のWordPressを使っていますので、クラウド形態となっています。このため、HPの追加・変更も会社以外からアクセスが可能です。

    • 情報等データベース

      次は、会社の資料・データ類です。これらのデータを会社から自宅等に持ち出さなければならない場合は、USBメモリやメール添付で自宅送付等で持ち出さなければなりません。これらは必ず、暗号化し、セキュリティ的に注意しました。

      次に向けて用意してもらいたいもの

      以上で自宅でのテレワーク環境の整備が完了です。簡単に準備ができましたので、あらためて世の中の進展に驚きました。テレワークもやればできるじゃん。という心境です。更にテレワークを快適にするためには、情報等データーベースを置くクラウドストレージが必要です。これがあるとどこからでも会社のデータベースにアクセスが可能になります。

    • さいごに

      テレワークは、環境を簡単に構築できましたが、最終的に良い環境やツールを使いこなすのは人間です。作業環境としては、自宅の方が最新の機器に囲まれているので、良いのですが、早朝でも夜でも、いつでも仕事ができるので、公私の切り替えが重要です。メリハリをつけて律していかなければなりませんので、皆さんも気をつけてください。

    •  

ブロブ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

  •