白ノ葉のライフプランニング

定年前後のライフプランニングと終活について思いを綴ります

在職老齢年金と加給年金及び年金繰下げ支給の関係

 

f:id:sironoha:20200421061036j:plain

 在職老齢年金と加給年金及び在職老齢年金と年金繰下げ支給との関係を説明します。

在職老齢年金と加給年金

加給年金とは

旦那が65歳以降の老齢厚生年金受給者の場合、奥さんが65歳未満であれば、奥さんが65歳になるまで旦那の老齢厚生年金に加給年金が加算されます。



例えば、奥さんの生年月日が昭和34年4月1日(昭和18年4月2日以後に該当)の場合では、さらに特別加算額165,600円が加わり加給年金額の合計額は390,100円/年になります。

そして、奥さんが65歳になると加給年金は支給停止されますが、そのかわり、奥さんの老齢厚生年金に振替加算が加わります。例えば、奥さんの生年月日が昭和33年4月2日~昭和34年4月1日ですと、33,002円が一生加算されます。少ない額とはいえ、大変助かりますね。

在職老齢年金と加給年金の関係

加給年金は、旦那の老齢厚生年金に加算されますので家族手当のようなイメージです。ただし、特別支給の老齢厚生年金等の場合は、その月額は加給年金額を除いた値が基本月額として扱われます。

年金の繰下げ支給と在職老齢年金の関係

年金の繰下げ支給とは

年金の繰下げ支給とは、本来年金は65歳から満額受け取ることができますが、申出を行うことで年金を繰下げる事ができ、繰下げの月単位で年金額が増額します。また、その増額率は一生変わりません。
年金の増額率の計算式は次のとおりで、繰下げ対象額は、原則、65歳時点の老齢厚生年金額です。
 増額率=(65歳に達した月から繰下げ申出月の前月までに月数)×0.007

ただし、65歳以後も企業等に勤め被保険者であった方では、その被保険者であった期間に在職老齢年金制度を適用したと仮定した場合に支給される老齢厚生年金額です。つまり、支給調整された後の年金額が繰下げを計算する対象金額になります。 なんとなく損をしているような感じです。

これを次の例で説明します。

在職で繰下げ支給を受ける例

次の例で見てみます。少々、細かいですので、こんなものかとざっと流してください(詳細は最後の方にある記事をご覧ください)。

65歳以降69歳まで総報酬月額相当額50万円で働き、70歳まで年金支給を繰下げる。老齢基礎年金は780,100円、老齢厚生年金は1,500,000円(基本月額12.5万円)と仮定します。

支給停止分=(12.5万円+50万円-47万円)÷2
=7.75万円となり、在職老齢年金は4.75万円(=12.5万円-7.75万円)となります。

※基本月額と総報酬月額相当額との合計が47万円を超える場合の調整後の年金支給月額
=基本月額-(基本月額+総報酬月額相当額-47万円)÷2


70歳まで繰下げると上記額の42%増となりますので、19,950円(月額)増額されます。
つまり、退職時から42%増となりますので、
齢基礎年金=780,100円×1.42= 1,107,742円
老齢厚生年金=(12.5万円+4.75万円×42%)×12月=1,739,400円
※本来の年金額から支給分を差し引いた額に対して42%増となります。

さいごに

元気なうちは、65歳以降も健康のために働くべきと思います。しかし、今回の確認では、65歳以上で働きつづけて年金繰下げ支給をすることは、在職老齢年金制度の支給調整で意外と年金が増えないことがわかりました。少し残念ではありますが、自分のやる気と相談して、自分のためになにが最善かで考えたいと思います。

なお、今回は計算概要を説明しましたので、詳細についてご興味があれば、下記の「在職老齢年金の計算式と支給停止基準(月の収入により支給調整が行われます)」をご覧ください。

----
ブログ村ランキングに参加しています。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村