白ノ葉のライフプランニング

定年前後のライフプランニングと終活について思いを綴ります

奥さん関連の増える年金のはなし

f:id:sironoha:20200422204352j:plain

老齢厚生年金は、一定の要件を満たせば、65歳前に特別支給の老齢厚生年金を受け取れます。また、夫が年上で妻と年齢差がある場合は、夫の老齢厚生年金に加給年金が上乗せされるかもしれません。さらに加給年金を受給している場合、妻が65歳から妻の年金に振替加算が加わります。これらについて、年金一元化を含めて説明します。

老齢厚生年金と特別支給の老齢厚生年金

公的年金の一つに厚生年金があります。厚生年金は、定額部分と報酬比例分に分かれており、通常、65歳以降に厚生年金を受け取ることができます。
また、男性の場合、昭和36年4月1日以前に生まれた方は、生年月日により、65歳前から報酬比例分に相当する額を「特別支給の老齢厚生年金」として受け取ることができます。

夫の年金

まず、夫のもらえる年金をみてみます。

老齢厚生年金(定額部分)

 国民年金の老齢基礎年金に相当する部分です。2019年4月1日現在で満額は、780,100円です。

老齢厚生年金(報酬比例分)

 皆さんの給与・賞与(報酬月額)の額により受給できる年金の部分です。

特別支給の老齢厚生年金

 男性の場合は昭和36年4月1日以前生まれ、女性の場合は昭和41年4月1日以前生まれと一定の要件を満たせば、65歳前に特別支給の老齢厚生年金を受け取れます。例えば、夫の生年月日が昭和31年4月1日(1956年4月1日)の場合は、62歳からこの年金の受給資格が発生します。年金額は老齢厚生年金の報酬比例部分と同じですが、働いている場合は在職老齢年金制度での調整があります。

加給年金

 夫が65歳以降、妻が65歳未満であれば(大正15年4月1日以前に生まれた配偶者には年齢制限はありません)、妻が65歳になるまで夫の老齢厚生年金に加給年金が加算されます。
例えば、妻の生年月日が昭和34年4月1日(昭和18年4月2日以後に該当)ならば、特別加算額165,600円を加えて加給年金額の合計額390,100円/年です。

妻の年金

 老齢厚生年金(定額部分)と老齢厚生年金(報酬比例分)は、夫の場合と同様です。ただし、特別支給の老齢厚生年金は、生年月日が5年前倒しになっています。

振替加算

 夫が加給年金を受給している場合は、妻が65歳になった時点で加給年金が支給停止されます。

その代わり、妻の老齢厚生年金に振替加算が加わります。例えば、妻の生年月日が昭和33年4月2日~昭和34年4月1日ですと、33,002円/年が一生加算されます。

妻が共済年金対象者だった場合

 妻の勤めていたところが官庁・地方自治体・私学等の共済年金の場合は、支給開始が異なります。

被用者年金一元化でも変更なし

 2015(平成27)年10月に、被用者年金の一元化が実施され、これまで厚生年金と共済年金に分かれていた被用者の年金制度が厚生年金に統一されました。

被用者年金一元化後に妻の受給権が発生すると、厚生年金保険の被保険者同様特別支給の老齢厚生年金が支給されます。

ただし、妻の受給開始年齢は従来の特別支給の退職共済年金と同様、男性の場合と全く同じです。5年遅れの適用はありません。

被用者年金一元化により特別支給の老齢厚生年金の支給が早まるかと期待していた方も居られるかと思いますが、その部分については変更無しでした。

さいごに

奥さんが年下の場合は、扶養手当のような加給年金が受給できます。また、奥さんが自分の老齢年金を受給できるようになると、それに振替加算があります。振替加算は一生付きますので額は少ないとはいえ馬鹿にできません。

ただし、残念ながら年金一元化では、特別支給の老齢年金は従来の共済年金と同じで前倒しがありませんでした。

少し残念ですが、年金財政が厳しい折、うまい話は無いですね。貰えるものはしっかりもらいましょう。

-----
ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村