白ノ葉のライフプランニング

定年前後のライフプランニングと終活について思いを綴ります

配当課税を抑える地方自治体への申出書の提出

f:id:sironoha:20200506160332j:plain

株式配当の税金は、 所得税を総合課税(配当控除あり)にし、住民税を申告不要にして源泉徴収(住民税5%)のままで行うと一般的に軽減されます。昨年に引き続き、2020年も申告してきましたので概要を報告します。

源泉徴収よりも有利な異なる課税方式の選択

皆さんは株式配当の課税は、総合課税の配当控除を使うより、分離課税で配当を受け取るときに20%(所得税15%※実際はさらに復興特別所得税0.315%が加わる、住民税5%)で済ませていると思います。しかし、上記のように異なる課税方式を選ぶことで、税金が軽減される可能性があります。

なお、配当課税の試算例を次の記事にまとめていますので、よろしければご覧ください。

smartage-info.com

申告の手続き

住民税の配当課税を源泉徴収のままにしておく方法は、地方自治体により異なるようですが、私の街のWebサイトでは、「上場株式の配当所得等に係る個人住民税の課税方式の選択に係る所要の措置(所得税と異なる課税方式による市民税・県民税の課税選択 」という名称で掲載されていました。

申告方法

提出する書類は次のとおりです。

  1. 市民税・県民税申告書
  2. 上場株式等の所得に係る市民税・県民税申告不要等申出書
  3. 特定口座年間取引報告書(写し可)

上記1,2は、地方自治体のWebサイトからダウンロードできます。3は、特定口座に限らず配当が課税された証券口座全ての取引報告書が必要です(特定口座でなく一般口座でも可です)。

申告期限

原則、所得税の申告期限(3月15日)までの提出ですが、市民税・県民税の納税通知書が送られる前までに提出したものでも有効です(だいたい5月上旬)。

今年は新型コロナウィルスの影響がありましたので、延長になっているかもしれません。これからの方は確認された方が良いと思います。所得税の確定申告をされている方であれば、ほとんど転記ですので簡単です。

「市民税・県民税申告書」の書き方のポイント

主なポイントは次のとおりです。

  • 収入・所得の区分の配当欄は、源泉徴収のままなので、記入不要です。
  • 公的年金企業年金を受給している場合は、公的年金等に受給額を記入します。
  • 医療費控除の欄は、所得税の確定申告をされていれば、「医療費控除の明細書【内訳書】」の項目の数値をそのまま記入します。
  • ふるさと納税をされている方は、「市民税・県民税 申告書(2の2)」の寄附金税額控除に関する事項にふるさと納税された金額を記入します。

「上場株式等の所得に係る市民税・県民税申告不要等申出書」の書き方のポイント

所得税の確定申告は総合課税で処理しましたが、住民税(市民税・県民税)では源泉徴収のままで行う場合の申出書で、今回のテーマです。一番重要です。

主なポイントは次のとおりです。

  • 上場株式の配当所得等の総合課税分では、非課税のNISA分を除いた全て配当所得とその配当所得から源泉徴収された地方税(市民税・県民税)の源泉徴収税額を記入します。

  • 「市民税・県民税は申告しない」を選びます。これにより地方税は「源泉徴収されたままとする」という意味になります。

言葉だけではわかりずらいと思いますので、具体例が下記の「配当課税を軽減する地方自治体への申出書作成の一例」に記載されていますので、ご覧ください。

さいごに

いかがですか。総合課税をする場合は確定申告をしなければなりませんが、そのデータがあれば、提出書類はほとんど数値の転記で済みます。定年後は、現役以上にお金を大切にし、余暇や興味にあることに使いたいものです。

-----
ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村