白ノ葉のライフプランニング

定年前後のライフプランニングと終活について思いを綴ります

あなたの定年後40年間を守る方法

f:id:sironoha:20200516210347p:plain

年金生活では、平均約54,000円/月不足します。お金の面では、奥さんの年齢も一緒に考えると定年後40年間は安心できなければなりません。この40年間を安心できる一案を紹介します。

高齢夫婦無職世帯の家計収支

次のグラフは、総務省統計局の「家計調査報告<家計収支編> 2019年(令和元年)平均結果の概要」の報告書にある高齢夫婦無職世帯の家計収支です。

 【高齢夫婦無職世帯の家計収支(2019年度、出典:総務省家計調査報告)】

グラフでは、実収入237,659円に対して消費支出239,947円で、毎月33,269円不足します。ただし、社会保障給付(年金)以外では、その他8.7%(20,676円)ありますので、実際の月当りの不足分は、不足分33,269円+その他 20,676円≒54,000円ぐらいと考えた方が良さそうです。

定年後何年まで検討しなければならないか

人の寿命は神様しかわかりませんが、厚生労働省の資料(2018年版)にある平均余命では、男性は65歳から約20年、女性は60歳から約30年です。また、別の資料では、女性の場合、100歳まで長生きされる方が、 1/4程度いらっしゃるというデータもありますので、定年後から終わりまで40年間として考えたいと思います。

考える上での仮定

次に保有資産、必要な期間を次のように仮定します。 

  • 定年時の年齢:夫65歳、妻60歳
  • 定年時の保有資産:2,000万円
  • 必要な期間:40年間
  • 不足額: 54,000円/月( 648,000円/年)

保有資産を単純に取り崩すと、2,000万円を毎年64.8万円ずつ取り崩していきますので、約31年で枯渇します。

対応方法の一案

定年後の資産の安全性を考慮し、例えば次のように1,000万円づつ大きく2つに区分して運用します。

  • 1,000万円:元本保証の預貯金(預貯金、積立、定期、国債等)で保有し、毎月2万円強を取り崩す。これは上記グラフのその他8.7%分に相当します。

  • 1,000万円:比較的高配当(株主優待を含む)の国内外の株式で運用し、その配当で不足分40万円/年(≒33,269円/月×12月)を補います。

高配当の国内外株式で運用する1,000万円分は、 配当率4%程度必要ですが、 株主優待も含めると大きな企業でも選べば可能です。株式運用は、元本保証されていませんので、リスクがありますが、業種や銘柄を分散することにより、そのリスクは低くなります。また、倒産でもない限り原資が減りません。

その他の考慮

株式で運用する場合は、リスクを抑えるため、次のような業種・銘柄、地域、時間の分散が大切です。 これについては、別の記事で詳細を説明してみたいと思います。

  • 業種・銘柄の分散:5~10の業種に各1~2銘柄に分散投資する。
  • 地域の分散:国内と米国に分散する。
  • 時間の分散:早い時期から積立を開始する。又は年数回に分けて購入する。

また、一般的に男性の方が5年~10年弱程度早く終わりを迎えますので、お金の面では相対的に、もう少し余裕が出てくると思います。

さいごに

今回は、お金の面で生活を守るためのざっくりとした対策案を考えてみましたが、実際は、各々異なる事情があり、家庭により異なります。このため、各家庭に合った収入・支出のキャッシュフロー表を作成しておくことが基本です。これについては、下記サイトにサンプルのキャッシュフロー表(ダウンロード可能)とその説明が掲載されていますので、ご覧ください。
smartage-info.com

キャッシュフロー表を作成することにより、家計の問題点が浮き彫りになり、早い時期に対策が検討することができます。是非、キャッシュフロー表を作成し、将来の安心に繋げてください。

 -----↓ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村