白ノ葉のライフプランニング

定年前後のライフプランニングと終活について思いを綴ります

意外と身近な公証人とは

公証人とか公証役場は、あまりなじみがありませんが、贈与、相続、信託等の手続関係を調べると、よくこの名称で出てきます。知らないというだけで以外と身近な存在である公証人等を調べましたので、紹介します。

公証人とは

公証人とは、「公証」をする国家機関です。国の公務員ではありませんが、公証人法の規定により、判事、検事、法務事務官などを長く務めた経験豊富な方々から法務大臣が任免し,国の公務をつかさどり,実質的には公務員に当たると解されています。

公証人へお願いする主なもの

公証人は、当事者の依頼により、契約や遺言等の「公正証書」作成や作成された文書等を認証する事などをしますが、特にライフプランや終活に関する主なものを説明します。

贈与

相続対策で、2次相続の事を考えると事前に一部の資産を家族に贈与する事が有効な場合があります。

この贈与があったことを税務署や第三者に明確に証明したい場合、公正証書を作成します。

任意後見制度

任意後見契約は、本人の判断する能力が不十分な状況になったとき、自分の生活や財産管理に関する事務を自分の希望する方に代理してできるように委任する契約で、公正証書によって行うように定められています。

民事信託(家族信託)

老後の生活等に必要な資金の管理・受取り等のために、例えば自分の資産を家族に託し、その管理・処分を任せる仕組みです。

公正証書を作成することは必須ではありません。また、費用がかかりますが、将来発生する可能性のあるトラブルを防ぐために、公正証書を作成します。

なお、家族信託という言葉でご存知の方もおられると思います。この家族信託とは一般社団法人家族信託普及協会の商標です。

遺言(遺書、相続)

遺書には、公正証書遺言、自筆証書遺言、秘密証書遺言の3つがあります。その中で、公正証書遺言は、本人が、公証人の面前で、遺言の内容を口授し、それに基づいて、公証人が、遺言者の真意を正確に文章にまとめ、公正証書遺言として作成するものです。

公証人が作成し、原本は公証役場に保管されますので、無効とか失われるなどの心配がありません。万が一の時に親族間のトラブルを未然に防ぐことができます。

尊厳死宣言

公証人が直接本人の「尊厳死」の意思を確かめて、その結果を公正証書に残します。この証書を「尊厳死宣言公正証書」といいます。

末期状態となり、自分の治療方法等の希望を言う事のできない本人に代わって、この公正証書を託された第三者により、延命処置を止める等の尊厳死の意向を医療関係者らに伝えることができます。

公証人手数料

公証人の手数料は法律で決まっており、日本公証人連合会の下記サイトをご覧ください。

http://www.koshonin.gr.jp/business/b10

公証人役場とは

公証役場は、各地にある法務局の管轄する機関となり、全国約300箇所に設置されています。それぞれの公証役場には、公正証書を作成する公証人が1名以上は必ず配置されています。

さいごに

ライフプランや終活の記事を書いていると、良く公証人という言葉を目にしますので、調べてみました。自分の意思を明確に示す方法としてや記載内容の正当性を公的な第3者に認証してもらうところに大きな意味があります。少々、手数料がかかりますが、活用する機会があれば、真剣に考えてみたいです。